木更津で法事・お食い初め等の仕出し弁当の宅配なら

お届け料理 開花屋

〒292-0057 千葉県木更津市東中央2-2-16
木更津駅東口徒歩5分 駐車場:24台

受付時間
10:00~21:00
定休日
無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0438-38-3951

お役立ち情報
(お食い初め儀式の由来とすすめ方)

お食い初め儀式の由来とすすめ方

食い初めの由来とは?

平安時代から「一生食べ物に困らないように」と親心あふれる行事でお食い初めの儀式のお祝いをして、赤ちゃんの健やかな成長を祈ったのです。

 

お食い初めはいつ行う?

赤ちゃんが生まれてから、正式には生後100日目に行うが、その前後の都合の吉日を選び、お祝いすればよいでしょう。

 

お食い初めはどこで行う?

お食い初めは自宅で行う方も多いですが、最近ではお食い初めの食器や料理の準備できる飲食店などを利用される方も増えています。自宅で行いたいが準備が大変という方には、お食い初めの食器や料理を宅配で頼む手もあります。

 

お食い初めで用意する食器は?

正式な形でのお食い初め用の食器は、箸は柳の白木、お椀は鶴、松などの蒔絵(まきえ)模様の描かれている漆器。お膳は紋付で男の子なら朱塗りの膳、女の子なら外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器を用います。

 

お食い初め儀式は誰が食べさせるマネをすればいいのでしょう?

正式には「養い親」が箸をとり行います。この「養い親」とは祖父母や親戚など長寿の人のことで、「長寿にあやかる」と言う意味があります。
もし両親だけでお食い初めを行う場合は、これにこだわることもありません。父親や母親が行えば良い記念になります。男の子なら男性に、女の子なら女性に食べさせる真似をしてもらいましょう。

 

儀式の順番・やり方は?

お食い初め儀式の正式な食べさせ方の順番は、「ごはん→汁物→ごはん→魚→ごはん→汁物」です。順番に沿って三回食べさせる真似をします。
まず赤ちゃんを抱っこして、食べ物を口にもっていき、食べさせる真似をします。次に箸を小石に触れて、その箸を赤ちゃんの歯茎に当て、石のように丈夫な歯が生えるようにお願いをしましょう。
「ひとつぶなめ」といわれるように一粒だけ食べさせる場合もありますが、嫌がる場合は無理強いは禁物。口元に持っていき、食べさせる真似だけで十分です。

 

いかがでしたか?医学が進歩した今日でも「子供が一生、食べ物に困らないように」と願う親の心は永遠です。

お食い初めの儀式のやり方や順番など、参考にしてみてくださいね。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0438-38-3951
受付時間
10:00~21:00
定休日
無休

お気軽にお問合せ
ください

お電話のお問合せ・相談予約

0438-38-3951

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/01/28
ホームページを公開しました
2021/01/27
「サービスのご案内」ページを更新しました
2021/01/26
「当店概要」ページを作成しました

お届け料理
開花屋

住所

〒292-0057 
木更津市東中央2-2-16

アクセス

木更津駅東口徒歩5分 
駐車場:24台

受付時間

10:00~21:00

定休日

無休